各国のICO,STOセキュリティトークンの進捗

STOに友好的なヨーロッパ諸国。

この記事では、ブロックチェーン技術についてオープンマインドであり、ICO,STOに優しい立法基盤を構築し維持することに大きな可能性を示しているヨーロッパ諸国を紹介します。

■スイス

ヨーロッパでは、スイスは昔から財政の関連なことの伝統的なホットスポットでした。さらに、スイスの政府はブロックチェーンテクノロジーに大きな関心を示しており、それがブロックチェーンビジネス専用のエリアである “Crypto Valley”の誕生につながりました。スイス政府は、ブロックチェーンのスタートアップを税金的やその他の特典で支援しています。

ICOが普及し始めたとき、スイス市場監督当局(FINMA)も、ブロックチェーン事業のための明確な規制を迅速に策定しました。その ICOのガイドラインでは、スイスの規制当局は、これらの金融市場法にもセキュリティトークン(STO)が完全に含まれると述べています。スイスでは、透明性を高め、犯罪のリスクを減らすために、STOは投資家とSTOを発行する会社の両方を保護するためにKYC / AML検証を必要とします。

常に進化する市場の新たなニーズに対応するためにスイスは、ブロックチェーンと暗号通貨に関する法律の改善を継続的に行っています。

ブロックチェーンテクノロジーやSTOなどのデジタル資産に関しては、スイスは前からオープンマインドな国であり、将来における投資ビジネスにも大きな役割を果たすことは確実です。

■エストニア

エストニアは、暗号通貨を合法化した最初のEU加盟国の1つでした。それ以来、900を超える暗号関連のライセンスが承認されました。これらのライセンスには、取引所、新興企業、ブロックチェーン技術企業などの企業があります。

実際、エストニアはかつてEU加盟国の中で最も貧しい国でしたが、友好的なビジネス環境を奨励した賢い政治戦略のおかげで、彼らは今経済が繁栄しています。その成功に役立った要因は簡単な免許手続きとビジネスに優しい税制です。これらの政治戦略により、エストニアは世界で最もSTOに優しい国の1つになりました。

■リトアニア

リトアニアの財務大臣は、2018年6月に暗号通貨とICOのガイドラインを発表しました。これらのガイドラインがICOのビジネスを誘い、リトアニアは暗号ビジネスに関してヨーロッパのトップ国の1つになりました。財務省はビジネスを支えるために課税、会計およびセキュリティトークンの発行などを扱う方法についてよく研究と思考を入れていることは明らかです。政府はまた、STOの立ち上げを計画している企業に無料の専門家による相談を提供し、STOにセキュリティトークンの必要な機能があるかどうかについて詳細な説明を提供します。

リトアニアはヨーロッパで重要なフィンテックハブになると言われており、有望なプロジェクトが並んでいます。 EUの最初のSTOであるDESICOプラットフォームは、リトアニアのSTOに対する友好的な立場を認めているので、リトアニアを彼らのベース国に選びました。

■マルタ

クリプトコミュニティでは、マルタはデジタル資産の法律に関しては先駆的な役割を果たす国としてよく知られています。 ICOブームの時、マルタはその分野における大きな発展を可能にする規制の枠組みを提供することによって先導し、他の国々はマルタの例に従った。マルタ政府は公然とクリプトを応援し、新興企業が市場に参入できるようにするために多大な努力を払っています。

さらに、マルタが欧州連合の加盟国であるという事実により、マルタで合法と宣言されたSTOは自動的に他のEU加盟国にも拡大することができます。マルタは、世界最大の暗号交換Binanceなど、多くの有名な暗号化プラットフォームの基盤となる国です。

さらに、マルタ証券取引所は、セキュリティトークンにDLT(Distributed Ledger Technology)ベースの取引プラットフォームを導入する予定です。これにより、市場の流動性が向上し、マルタが作成するDLTエコシステムのサポートが強化されます。

■フランス

フランスは決してスイスやマルタのようなクリプトビジネスにやさしい国ではありませんが、自分なりにフランスはブロックチェーンと暗号通貨に対してよりオープンになるための努力を示しています。その目標に向けた一歩は、フランスの株式市場の規制当局であるAuthoritédes Marchés Financiers(AMF)によって昨年発行された、PACTEという暗号通貨およびICO規制の発行でした。その新しい規制では、ICOが発行するオファリングに関して完全な透明性が要求されているため、政府はそれがどの種類のトークンであるかを判断できます。そのため、市場におけるICOからSTOへの移行はかなりスムーズに進みます。なぜならフランスはICOの完全な開示の下での運営のみを許可しているため、STOを受け入れるために基本的なガイドラインの変更はそれほど必要ないです。フランスの厳しく規制されたアプローチは、もと柔らかいルールを発行した国に比べてICOの成功に相応しくなかったかもしれません。しかし、そのフランスのアプローチはSTOの規制に対する新たなニーズに完全に合致しますのでフランスの活躍はこれから大きくなるでしょう。

■リヒテンシュタイン

世界で6番目に小さい国である間、リヒテンシュタインはブロックチェーンと暗号業界で大きな役割を果たすように発展てきました。この国は、ブロックチェーン技術と関連市場の発展を支援することを強く望んでいます。2018年10月、政府は「National Blockchain Act」と呼ばれる公開草案を発表しました。それは、ブロックチェーンをさらに奨励したいというリヒテンシュタインの願望を強調しています。

さらに、同国のUnion Bank AGは、セキュリティトークンを発行する最初の規制銀行になる意向を表明しました。同行は、国際的な大量の資金の移動などの銀行間活動のためのトークンを立ち上げることを計画している。

リヒテンシュタインはブロックチェーン関連の問題に前向きな姿勢を持っており、技術をさらに推進するために主導的な役割を果たす意欲は、将来の投資決定にとって非常に有望な国となっています。

以上

記事作成:Sabine Schneider

*