当社パートナーがSTOで15億円調達【STOで資金調達】

当社パートナーがシンガポールにおける私募(プライベートプレスメント)によるスキームでSTOを実施し15億円を調達支援しました。

シンガポール投資家 シンガポールファンド、インドネシア投資家などで交渉スタートから約3カ月間でSTOによる調達実績が出ています。

また、2019年1月現在進行中プロジェクトでもシンガポール投資家 シンガポールファンド、インドネシア政府、ベトナムVC、日本VCなど約2カ月ですでに49億円が決定しています。

なぜ調達しやすいのか?
これは証券会社が既存顧客に対し私募として募集をかけているからで 、6カ月以内に49名未満のプロの投資家が対象となっている。募集終了後はセキュリティトークンとして配布する。というこのスキームはアメリカSECやシンガポールMASなどで増加している。

*