海外大手取引所の上場コンサルティングサービスを開始

株式会社世界(東京都新宿区:代表 小林一弘)は4月10日より仮想通貨ICOの海外大手取引所への上場コンサルティングサービスを開始します。
ICO(Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング/新規仮想通貨公開)における2017年の資金調達額は3220億円!(参考:https://hacked.com/continue-reading/)
今後加速するICO需要に伴い当社独自の海外大手取引所とのネットワークを生かし、以下のICOの海外展開支援サービスを行って参ります。

<サービス内容>
【1】マルタ共和国、エストニア共和国、スイスなどでの会社設立
【2】ICOに必要な資金調達支援(世界中のCrypto Fundからの資金調達支援)
【3】プロジェクトにおける技術的基準の精査
【4】仮想通貨取引所への上場支援(Huobi Proへの上場支援)

<海外取引所のICO上場基準を満たすためのすべて>
■マーケティング
・製品の分析・検証
・ロードマップ、マーケティング戦略策定
・WEB、ソーシャルメディア戦略
・ニュースレター、プレミアムプレースメント運用
・広報管理

■コンプライアンス
・国際AML/KYCサポート
・管理分析
・ホワイトペーパー作成
・トークン契約等プライバシーポリシー、Tos
・ファンドの流動化および分配ルール
・ICOトークンのコンプライアンス管理

■ICOファイナンシャル
・ICO構築と実行
・エスクローサービス
・マルチシグフトウオレット管理
・財務報告・管理

■ICOテクニカル
・プラットフォーム・スマート契約作成
・コーディング・実装
・メジャー・サイドチェーンのアドバイス
・コードセキュリティ監査

■ポストICOサービス
・財務報告
・取締役会ガイダンス
・マーケティングと製品ポジション
・トークン制御
・ビジネス開発

■その他
・海外法人設立支援
・運用分析アドバイス
・既存投資家へのアドバイス

<対象国>
 ・台湾 香港 中国 韓国 シンガポール 米国

■上場を前提としたICOコンサルティングサービス

当社のICOコンサルティングでは上場、しかも大手取引所への上場を前提としてICOを進めております。大手取引所への上場がある程度確定できるように、いろいろな条件を整えてICOを行って行きます。大手の取引所の審査基準はかなり厳しい内容です。申請書の項目だけでも80項目に対して説明が必要です。その項目の中でも人材に関する項目のウエイトは大きいものです。(一部抜粋)
・提案主体が他の関連企業或いはプロジェクトを持っていますか。
・チームの主な責任者の履歴紹介及び連絡先
・主な連絡者の履歴紹介及び連絡先
・チームの他のメンバーの紹介
・提案主体と他の関連企業の間で株による融資がありますか。
・他にクリプトを利用した起業経験がありますか。
・クリプト関連業界で働いた経験年数。
・所属企業の職員数と、そのうち技術、営業&マーケティング、その他の関連部門の職員数
・プロジェクトのブロックチェーン技術の必要性について簡単に説明してください。
・適応している場合、現在プロジェクト開発者のコミュニティ状況、
・適応している場合、現在プロジェクトの開発に関連してどのようなものを使用しているのか、
・現在プロジェクト協力者の状況について簡単に紹介してください。
・プロジェクトのコンサルタントの履歴、アドバイザーの履歴

など、

*