【STOで資金調達】STOでの資金調達の可能性

STOとは

STOとは、セキュリティ・トークン・オファリング(Security Token Offering)の略で証券トークンという意味です。

STOはもっとも一般的な事例として、ST(セキュリティトークン)は証券会社などが投資家に利益を配当する仕組みをBlockchainの機能(スマートコントラクト)で行い、既存の証券会社よりも信頼性が高く早く安い仕組みが確立できます。 (株をブロックチェーン上のデジタルトークンに変換して公開)

STOの例

STOの例としては、例えば、株・社債・オプションなど、法的に証券カテゴリーに分類されているものをトークン化し小ロットでの分割購入が可能であり、しかも24時間取引が出来、契約も簡単で、手数料も安価となるので市場の活性化も期待できますのでSecurity Token が将来的に適応できる分野は広く、その大きな潜在力に期待が集まっていますよね。

STOとセキュリティートークン(ST)について

セキュリティトークン(ST)は、アメリカ証券取引委員会(SEC)がつけた名称で、発行体やトークンを扱う取引所はSECに登録するか登録義務免除の申請をする必要があります。


何らかの具体的な資産の裏付けを持っているブロックチェーン上のトークンで、法的には各国の証券法の下で適切に規制されてきていますが、シンガポールが最も進んでおり、当社ではシンガポールでのSTO(セキュリティ・トークン・オファリング)をご案内しております。

STOに関する記事はこちら

*