ドバイ国際金融センターとの協業について

https://www.difc.ae/newsroom/news/regions-first-global-digital-security-capital-raise-dubai-international-financial-centre/

7月22日にドバイ国際金融センター(DIFC)がプレスリリースを行いました。※

ドバイ国際金融センターは、世界のトップ10の金融センターであり、中東、アフリカ、南アジア(MEASA)地域の主要な金融ハブであり
国際金融関連企業2500社、約25,000人が働く金融特区エリアです。
日本企業では国際協力銀行、みずほコーポレート銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、野村證券、大和証券、三井物産、東京海上日動などが
事務所を置いています。

内容は以下の通りです。

ドバイ国際金融センターは、ドバイ初のグローバルなデジタルセキュリティ トー クンでの 資本調達を実施 しました。

DIFCの投資銀行・ 資産管理 会社である GRIP 社 は、デジタル証券を活用した日本企業の株式会 社 リード・リアルエステート社の数百万ドルの 資金調達 を発表しました。

ドバイ、アラブ首長国連邦、2020722日。中東・アフリカ・南アジア(MEASA)地域を代表するグローバル金融センターであるドバイ国際金融センター(DIFC)は、クライアントの1つが画期的な資本調達を行うことを発表しました。

投資銀行・運用管理会社であるGRIPDIFC)社は、今月中に投資家の株式を表すデジタル証券を発行することで、株式会社リード・リアルエステートの数百万ドル規模の資金調達を実施予定です。

今回の発行は、MEASAにおける初の世界的なデジタル証券の発行であり、DIFCとドバイにとって重要なマイルストーンとなります。また、GRIPは、この地域では初めてとなる、センター内に私募証券市場を開設する予定です。

今回の発表は、金融の未来を牽引するという DIFC のビジョンを強化するものです。また、革新的な技術の採用と採用を促進するための強固かつ革新的な法的・規制的枠組みにより、DIFCはこの地域の主要な金融ハブとしての地位を確固たるものにしています。

DIFC の規制・法制度・仕組みにより、GRIP MEASA 地域で初めてデジタル証券を発行媒体とした国際的な資金調達を設立・運営・流通させることが可能となりました。

このサービスは、UAE、米国、日本、香港、ケイマン諸島を含む世界各国の著名な弁護士、サービスプロバイダー、テクノロジープロバイダー、規制対象企業の協力を得て提供されます。

GRIP は、東京に本社を置く不動産デベロッパーである株式会社リード・リアルエステート社の資金調達を主導し、リード社は2021年の東京オリンピックを契機に、不動産の開発、取得、リノベーション、再利用などの事業を展開しています。株式会社リード・リアルエステートの資産は、日本、アメリカ、香港、フィリピンに拡大しています。

今回の発表について、DIFC Authorityの最高経営責任者であるArif Amiri氏は次のようにコメントしています。“GRIP がこの革新的なデジタルセキュリティの増資を開始したことを祝福します。DIFC の堅牢でありながら前向きな法的・規制上の枠組みが、GRIP にセンターと MEASA 地域で初めてのプラットフォームを提供していることを嬉しく思います。このようなイノベーションは、地域の経済発展を推進するものであり、DIFC がいかに金融の未来を牽引しているかを示しています。

GRIP の会長である Tony Pettipiece 氏は、「GRIP は最先端の投資機会に積極的に関与しており、日本、メキシコ、ジョージア、GCC 地域からのグリーンボンドやインパクト投資がパイプラインになっています」と述べています。

ドバイは、イノベーションが盛んなダイナミックなビジネス環境として世界的に認知されています。DIFCは、世界で最も成功している金融業界のエコシステムに見られるすべての要素を提供しています。これには、独立した規制・司法制度、グローバルな金融取引所、資金調達へのアクセス、可能なセクター環境、地域最高の人材プールなどが含まれます。

以上

以下原文

Region’s first global digital security capital raise from the Dubai International Financial Centre

Dubai, UAE, 22 July 2020: Dubai International Financial Centre (DIFC), the leading global financial centre in the Middle East, Africa and South Asia (MEASA) region has announced that one of its clients is undertaking a ground-breaking capital raise.

Investment banking and wealth management firm GRIP (DIFC) Ltd. will conduct a multi-million dollar capital raise for Lead Real Estate this month, through the innovative issuance of Digital Securities representing Investor Shares.

The issuance is the first major globally compliant digital securities offering in MEASA, marking a key milestone for DIFC and Dubai. GRIP is also on course to establish a private securities marketplace within the Centre – a first for the region. 

The announcement reinforces DIFC’s vision to drive the future of finance. The issuance also cements the DIFC’s position as the leading financial hub in the region, thanks to its robust, yet innovative legal and regulatory framework which helps nurture innovation and adoption of technology. 

DIFC’s regulations, laws and structures have enabled GRIP to become the first company in the MEASA region to establish, manage and distribute an international capital raise using Digital Securities as a medium of issuance.

The offering involves a collaborative effort by reputed lawyers, service providers, technology providers and regulated firms from across the world, including UAE, the US, Japan, Hong Kong and the Cayman Islands.

GRIP is leading the capital raise for Lead Real Estate, a Tokyo headquartered residential and commercial developer focused upon the planning, acquisition, renovation and repurposing of real estate assets, with some of their projects being developed to leverage on the opportunities arising out of the 2021 Tokyo Olympics. Lead Real Estate’s assets are spread across Japan, America, Hong Kong and the Philippines. 

 Commenting on the announcement, Arif Amiri, Chief Executive Officer of DIFC Authority, said: “Congratulations to GRIP for launching this innovative digital security capital raise. We are pleased that DIFC’s robust yet forward looking legal and regulatory framework is providing GRIP with a platform to deliver a first for the Centre and MEASA region. Innovation like this will propel economic development in the region and illustrates how DIFC is driving the future of finance.”    

“We are excited, and believe this will be the first of many issuances to come to market using this innovative technology”, states Tony Pettipiece, Chairman of GRIP, “At GRIP we are keen to be involved with cutting edge investment opportunities, and our pipeline is made up of Green Bonds and Impact investments from clients that range from Japan, Mexico, Georgia and the GCC region”, added V.Gowribalan, CEO of GRIP. 

Dubai continues to be recognised on the global stage as a dynamic business environment where innovation thrives. DIFC offers all the elements found in the world’s most successful financial industry ecosystems. This includes an independent regulatory and judicial system, a global financial exchange, access to funding, an enabling sector environment, and the region’s best talent pool.

Copyright Press Releases 2020

*