OpenSeaで10,000体のジェネレーティブアートNFT

株式会社世界(所在地:東京都新宿区、代表取締役:宮本 一弘)は、2022年5月10日、10,000体のNFTをマーケットプレイスで販売するジェネレーティブアートシステムを開発、NFTコレクションを販売するソリューションを提供したと発表いたしました。

NFTプラットフォームOpenSeaでは、40万人以上のNFTコレクターがアクティブに存在しています。昨今、世界中で毎月100以上のNFTプロジェクトが誕生しており、その多くがジェネレーティブアートに関するものが提供されています。

当社では、ジェネレーティブアート(コンピューターによって生成されるアート)では10,000体のNFTをわずか1時間で制作することが可能です。またNFTに音楽(mp3)を挿入することができ、通常のNFTに付加価値を提供する仕組みを安価にご提供して参ります。

最近の取り組みにおいては、ジェネレーティブアートを販売開始後2週間で500万円の販売高を記録しており今後のNFTに関する取り組みやコンサルティング等も強化する予定です。

<当社のジェネレーティブアートシステム>

・10,000体のNFTを同時に制作する機能。

・10,000体のNFTに音楽を組み合わせる機能。

・10,000体をIPFS上に同時アップロードし、各NFTの属性を20種類設定できる機能。

・Openseaに投稿するNFT発行機能(Gas代は購入者負担)

*