ビットコインのアセットマネジメントの情報発信を開始

株式会社世界は、香港でアセットマネジメント事業を展開するABC QUANT社との間で、ビットコインのアセットマネジメントのパフォーマンスを最適化する情報を共同で配信するための準備を開始しましたので、お知らせいたします。

ABC QUANT社(香港)は2018年よりビットコインのアセットマネジメント業務を開始しており、すでに多くの機関投資家・ファミリーオフィス向けにビットコインのアセットマネジメントの業務を提供しています。


ABC QUANT社の特徴は

・2018年よりのクオンツ戦略、CTAストラテジーの開発研究により世界中で開催されるアセットマネジメントコンベンションで数多くの入賞実績
・ビットコインを世界最大手取引所であるバイナンスのセキュリティ強固な環境化でのアセットマネジメント運用
・ビットコインで3000億円規模でのアセットマネジメント実務が可能

ABCクオンツ社では、世界有数の名門大学にてコンピュータサイエンスの修士号を取得したメンバーで構成されており、株式市場でのクオンツトレーディングの経験や、国内外を代表するIT企業でのバックエンドエンジニアリングの経験をもつチームが、暗号資産のデリバティブ取引に最適化されたクオンツ戦略・CTAストラテジーを日々研究開発している。
3月に日本の上場企業Beat Holdings の子会社とも業務提携済み。

情報の発信は株式会社世界の関連企業であるSEKAI MALTA(マルタ共和国:
152,No.9,Naxxar Road,San Gwann,Malta )より世界中に向けて多言語で実施する予定。

<背景>
2020年世界中で発生したCOVID-19の影響を受けて、米国でも景気対策として巨額の金融緩和と財政出動が行われた。
その結果、ドル安が進み、金などとともにインフレ対策有効な資産としてビットコインが注目され、米国企業が中心となりビットコインを保有する企業が加速、ビットコインの時価総額が100兆円を超えて流動性が高まったこともあり金(ゴールド)と並び金などとともにインフレ対策有効な資産として注目されて来ている。
なおモルガンスタンレーが大手米銀で初めて富裕層の顧客向けにビットコインで資金運用するファンドを提供する。と発表されている。

*