ECサイトと連動したNFT発行APIを開発

株式会社世界(所在地:東京都新宿区、代表取締役:宮本 一弘)は、2021年9月6日、ECサイトと連動してNFTを発行できるAPIを開発したと発表しました。

EC、オークションサイト管理者がNFTの発行体(運営側)となり、既存のECサイトで商品・作品ごとにNFT(唯一無二のデジタル)を発行することができるシステムです。

NFT発行イメージ
NFT発行イメージ

当APIをECサイトに接続することで、ユーザーはイーサリアム等の暗号通貨を保有することなく、通常のECサイトと同様にデジタル画像を購入し、NFTを所有出来ます。

NFT発行時のgas代がかからない仕様で、NFT保有者は他のNFTサイト(Openseaなど)での転売も可能。※他のウオレットに送金時にはgas代は発生します。

NFT商品の購入フロー(バイナンス方式)

1)ユーザーのメリット                                                                                                                     ●イーサリアムを使わないで通常のECサイトと同様の決済が使える。                                                         
● NFT発行時のgas代がかからない。(外部ウオレット送金はGas代有)                                                       
● NFT作品の表示が早い。即発行できる。                                                                     
● イーサスキャンでトークンの確認が出来る。                                 

2) サイト運営者のメリット                                                                                  
● イーサリアムを使わないで通常のECサイトと同様の決済が使える。                                                  
● 管理画面で簡単にAPIの設定できるので開発費用は極力少ない。                                                   
● 取引毎のgas代はかからない。                                                                                 
● ETHだけでなく他のチェーンにも適応できる。(BNB)                                                               

デメリット                                                                                
● ブロックチェーンには直接書き込まれない。(確認はできる)                     
● サードパーティー(Openseaなど)NFTに送るときはgas代はかかる。

バイナンスNFTが採用している方式で海外では「バイナンス方式」と言われています。

APIをECサイトに連結させることが必要です。希望者にはAPI仕様書をお送りしますのでお問合せください。

■オンラインセミナー開催:NFTで収益化させる勉強会&セミナー                                                                                         2021年9月10日(金)16時スタート  

https://peatix.com/event/2903764/view

以上

*