海外からの資金調達について

2020年8月29日の日本経済新聞の記事では、日本企業が海外投資家から株式による資金調達を増やしている。と報道されました。
以下報道文。

日本企業が海外投資家から株式による資金調達を増やしている。
2020年1~8月の調達額に占める海外比率は約7割と前年同期の3割から急上昇し、10年以降で最高となった。
ルールが柔軟で、利便性の高い海外で調達する動きが新型コロナウイルスで加速した。リスクマネーの厚みでも見劣りする日本の課題が浮き彫りになった。

弊社は、日本の中小企業のさらなる発展を最大のビジョンに、海外からの資金調達のコンサルティングを展開しています。
大手企業であれば海外からの資金調達手段は確立されていますが、中小企業の手段はまだまだ整備されておりません。

日本の金融機関、投資家は保守的な印象を受けております。
一方で海外には様々な金融機関、投資家が存在している状況。
このため、日本国内の投資家が難しい案件でも世界に広げてみたら興味を持ち、資金を拠出されるケースもあります。

お気軽にお問合せください。

*