OpenSeaで3,333個NFTをわずか数分で完売(2回目)

7月26日の「クリオネフレンズ」に続き、2回目の完売

2022年8月24日、自社運営するNFTプロジェクト「ザ・モブ・シット」において、全発行数の3,333個のNFTをわずか数分で世界中に完売したと発表しました。


NETプロジェクト「ザ・モブ・シット」

今回発行の「ザ・モブ・シット」は3,333個のNFTは、ジェネレーティブアート(コンピューターによって生成されるアート)で構築され、8月23日(火)22時に販売スタート。OpenSeaでアカウントを保有する欧米アジアのNFTコレクターが購入しました。

「ザ・モブ・シット」のNFTプロジェクトは今月8月15日にTwitterでのマーケティングをスタート。英語圏に向けたTwitterでの情報発信を中心に、海外のNFTプロジェクトとのコラボレーションや英語圏向けのTwitter spaceを使ったAMA(ライブ・イベント)を在日外国人スタッフが定期的に開催し数千人のファンの構築を行いました。

販売スタートから数分で完売できた理由として、世界中のNFTユーザーの嗜好するユニークなクリエイティブであったこと。(プロダクトアウトでなくマーケットイン)
わずか8日間のTwitter運用で欧米を中心に2000名以上のホワイトリスト(購入予約権)を配ったことが今回の結果につながったと考えております。

株式会社世界ではジェネレーティブアート(コンピューターによって生成されるアート)で約10,000体のNFTを発行できるシステムを開発。2012年から培ってきた海外マーケティングのノウハウを生かし、NFTプラットフォームOpenSeaでの販売支援を実施しています。

【ザ・モブ・シットNFTプロジェクト】
https://www.themobshit.com/
https://twitter.com/themobshit10000
https://opensea.io/collection/themobshit-1

■販売ノウハウセミナー
3,333体のNFTを数分で完売! OpenSeaでNFTを1ヶ月間で海外に販売する方法
https://peatix.com/event/3339674/view
※定期的に開催しております。

*